スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

thank you fou your coming

2013.04.08 19:41|未分類
ご覧いただき、ありがとうございます。
スポンサーサイト

閏弥生十九日

2012.05.09 20:00|
IMG_2014_2.jpg

朝の、まだ5時前
たくさんのハクチョウたちが飛立っていく

IMG_2016_2.jpg

池を出て旋回してゆくなか
駐車場の車にぶつからないかと心配になるくらい、低く飛んでいるものがいた

IMG_2021_2.jpg

そのまま低く、水面の上へ戻ってきた
翼がすかすかしている

IMG_2022_2.jpg

翼のすき間のせいで
空気をとらえて高く舞い上がることができないのだろう

IMG_2027_2.jpg

IMG_2028_2.jpg

低く飛んで・・・

IMG_2029_2.jpg

池に降りた

IMG_2030_2.jpg

一緒に旋回していたパートナーは、行ってしまった

IMG_2031_2.jpg

声を限りに、鳴く彼女

IMG_2032_2.jpg

でも、無情にも後ろ姿は遠くなる

IMG_2033_2.jpg


悲しく切ない彼女の声が、くり返す
・・・と、彼が、戻ってきた!!

IMG_2034_2.jpg

IMG_2035_2.jpg

IMG_2036_2.jpg

IMG_2037_2.jpg

彼は、彼女の目の前に、真っすぐ降りてきた

IMG_2039_2.jpg

よかったね・・・としか、言葉が思い浮かばない

IMG_2040_2.jpg

IMG_2041_2.jpg

IMG_2045_2.jpg

それから少し後
彼女と彼と、7羽の仲間が飛立とうとしていた

IMG_2082_2.jpg

最初に翼を開いたのは、彼女

IMG_2088_2.jpg

精いっぱい羽ばたいて
みんなより少し低く、それでも少し前を飛んでいく

IMG_2091_2.jpg

けれど、やっぱり見ていて危ういくらいに低い

IMG_2093_2.jpg

もう一度、水面の上に戻ってきて

IMG_2095_2.jpg

半分くらいあきらめかけて、降りようかとも思ったと思う

そのとき
たぶん、私も彼女も同じものを見たんだと思う
待ってくれているのは、彼だけじゃなかった!

一緒に飛立った7羽の仲間たち
彼女が低く、池の上を半周しているうちに
今頃は、小さな後ろ姿になっているはずなのに
池の出口で、彼女に合わせて待っている!

IMG_2096_2.jpg

彼女も勇気づけられたのだろう
降りかけたのをやめて、力強く羽ばたいていった

IMG_2097_2.jpg

畑を越えるときも、低くてハラハラしたけれど
彼女のそばには彼が
そして、ふたりの上に7羽の仲間たちが
離れず飛んでいった

ハクチョウの仲間たちが、いつもこうしてくれるわけではない
厳しい世界を、自分が生きるのに精いっぱいだから
誰かのことに構っていられる余裕なんてないんだ

だけど
この5月に、渡りのいちばん最後にいる彼らには
それぞれ色んな事情があって
一日も早く繁殖地へ行きたいだろうに
あんなふうにうまく飛べないでいる彼女のこと
仲間たちも、きっとどうにかしてあげたいのだろう
お互い様だから・・・

みんな頑張って、無事に旅を続けてほしい
そして
あの彼女たちのために
繁殖地に、いい場所があいていることをこの空に祈ってる

森に白い花の咲くころ・・・朝の早くに

テーマ:ある日の風景や景色
ジャンル:写真

閏弥生十八日

2012.05.08 16:56|
新緑の季節
日ごとに 緑が深くなっていく
そんな 季節


IMG_1835_2.jpg





IMG_1885_2.jpg





IMG_1889_2.jpg





IMG_1890_2.jpg





IMG_1892_2.jpg





IMG_1893_2.jpg





IMG_1924_2.jpg





IMG_1925_2.jpg




IMG_1926_2.jpg




IMG_1927_2.jpg





       IMG_1962_2.jpg

テーマ:ある日の風景や景色
ジャンル:写真

閏弥生十七日

2012.05.07 15:27|
IMG_1734_2.jpg



満月の晩の “田ごとの月” というものは
なかなか見られるチャンスが無い

けれどこうして 美しい“田ごとの夜明け”



IMG_1737_2.jpg



池の水面にも 朝焼け

昨日、まだ残っていたハクチョウたちの多くが 北へ出発したらしい
慣れ親しんだ顔ぶれもいなくなって ちょっと寂しい大池

だいぶ この辺りの田んぼにも水が入って
カエルの合唱が聞こえはじめた

カップルでいるハクチョウたちは もう急がなくちゃいけない



IMG_1750_2.jpg



まだ残っているものたちがいる
あと幾日くらいだろうか?

急ぐ理由のないものは ゆっくりいけばいい
風をみて、大地を見て
自分たちの身体のコンディションをみて
自分たちのペースでいけばいい



IMG_1800_2.jpg

テーマ:ある日の風景や景色
ジャンル:写真

閏弥生十六日

2012.05.06 20:43|
月が満ちたよ
緑が日ごとに濃くなってゆく

この満月は、時の流れの一里塚
日本国内の 営業運転をしている原発はゼロになった




IMG_1633_2.jpg





つけっぱなしのテレビを消して、外に出てみてはどうだろう?

昨日と今日の季節の移ろいを感じてみる
小鳥たちの声に耳を傾け その小さな営みに寄り添って
ぼうっと静かに 満ち足りた時間を過ごしてみる




IMG_1678_2.jpg





花を育て、あるいは野菜を育て
日々元気よく育っていく植物に目を細め
収穫を楽しみに時間を過ごしてみたらどうだろう?

あるがままを味わって生きる
それは とても豊かで満ち足りた時間だと思う




IMG_1702_2.jpg

テーマ:ある日の風景や景色
ジャンル:写真

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

nijiori

Author:nijiori
ナチュラルな環境、美しいもの
楽しいことが好き

虹色の素材を織りなして
お気に入りの日々をクリエイション☆

最近の記事

地球暦

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。